アウトドアラグの選び方と活用法

アウトドアラグの選び方と活用法

アウトドアラグは地面の硬さを和らげ、キャンプサイトを華やかな雰囲気に演出してくれるアイテムです。
夏は涼しく冬と暖かくいうように、その場の温度感を調整し心地よさを提供します。
写真映えもするので非日常感をさらに盛り上げてくれる、アウトドアラグの選び方や活用法についてご紹介します。


アウトドアラグの魅力

アウトドアラグは、屋外での生活空間を快適にする優秀アイテムです。

たとえばキャンプでテントを設営する時、地面の冷たさやゴツゴツした地面の硬さを緩和するのに役立ちます。
一般的なピクニックシートと比較すると、耐久性に優れた素材で作られている上に汚れに強く長持ちする点も魅力です。

アウトドアラグは簡単に折りたためて持ち運びが容易なため、キャンプだけでなく、ピクニックやスポーツ観戦、星空観測など様々なシーンで活躍するでしょう。
アウトドアラグのデザインや演出の仕方によっては写真映えすること間違いなしです。

耐久性と機能を兼ね備えたアウトドアラグは、自然で過ごす時間をより豊かで快適なものに変えてくれるアイテムです。


アウトドアラグの選び方

生地の素材で選ぶ

アウトドアラグを選ぶ際には、まず素材に注目しましょう。
耐久性が高く、汚れや水に強い素材を選ぶことで、長期間にわたりラグを使用できます。

ラグの種類は、コットンやウール、ジュートといった天然素材とアクリルやポリエステル、ポリプロピレンなどの化学繊維の2種類に分けられます。
外でのアクティビティーはしつこい泥汚れや土ぼこりがつくことが自然なことだと考えると、後者の方がおすすめです。

ポリエステルやポリエチレンで作られたラグは、汚れが付着しても水洗いや拭き取りによってラグのメンテナンスが簡単です。
また耐久性があり長持ちしやすいことを考えると、化学繊維のラグの方がコスパも良いでしょう。

厚さで選ぶ

アウトドアラグの生地の厚さで選ぶのも一つの方法です。
生地は、厚いものと薄手のものに分けられます。

一般的なビニールシートと比較すると、厚みがあるラグは地面の冷たさや凹凸を感じづらく、テント内を快適にできるのが魅力。
例えばテント内に敷くフロアマットとして敷いたり、荷物の緩衝材として活用したりするのに向いています。
キャンプシーンだけでなく、ピクニックなどのレジャーにも適しています。

一方で薄手のラグは、厚手のものと比べると機能が劣りますが、それでも温もりある空間を作る効果を発揮します。
キャンプ場ではチェアにかけたりテーブルクロスにしたり、工夫次第でさまざまな用途として使うこともできるので、
一枚あると便利ですね。

サイズ感

キャンプラグのサイズは、使用するテントやキャンプスペースの大きさに合わせて選ぶとよいでしょう。
あらかじめどこに敷きたいのかを決めておくと、空間がまとまりお洒落に仕上がります。

テント内に敷くフロア用であれば、広さに合うようになるべく大きいものを。
もし冷えが心配であれば小さいサイズのラグを重ねて敷いてもよいかもしれません。

テーブルやチェア、ソファーにかけて使いたい場合は、Small ミニマットがおすすめ。
座面などのサイズを踏まえて選ぶとよいでしょう。

映え重視で選ぶ

キャンプの様子を思い出としてSNSに残したいと考えることもあるはず。

そんな時はラグのデザインや色をカラフルにしてみて。
いつもより少し派手なくらいの色でも自然に溶け込み、キャンプサイトをより魅力的な空間に変えることができます。

非日常を味わえる独特なパターンのラグを選ぶことで、アウトドアアクティビティがさらに特別な経験になるでしょう。


アウトドアラグの敷き方

テントの中に敷く

キャンプラグは一般的にテントの内部に敷くことが多いです。
夜を過ごす場所だからこと、快適さを追究したいところ。

厚みのあるラグなら地面の凸凹や硬さ、直に伝わってくる冷気を緩和できます。
ラグは踏み心地や、座り心地を調整するので快適に過ごせるようになります。

またラグは防寒対策にもなるので、冷え込みやすい時期はラグを重ねて敷いても良いでしょう。

このようにラグがあれば、テント内が快適で温もりある空間へと変わります。
キャンプでも心地よさを考えて空間作りを始めてみませんか。

チェアやテーブルにかける

ラグは空間に彩をもたらし、温もりを提供するアイテムです。

例えば、アウトドアチェアで寛ぐとき、ラグの温もりを感じられればほっと一息つけるはず。
アウトドアシーンでくつろぐ際に欠かせないアイテムにラグをかけて使うのもおすすめす。

チェアにかけるだけでなく、テーブルクロスとしても活躍できるものもあります。
ラグを使ってテーブル回りを彩ればおしゃれで気分が上がるキャンプサイトの出来上がりです。

車内に敷く

車中泊をする場合、ラグを車内に敷けばいつもの車内が彩り豊かになります。

キャンピングカーやバンライフを楽しむなら、ラグは車内の快適さを向上するだけでなくインテリアとしての役割もあります。
心地よさを提供するので、わんちゃんやペットもキャンプに同伴するなら彼らにとっても心地よい場となるでしょう。