ラグを敷いて寛ぎのリビングに

ラグを敷いて寛ぎのリビングに


リビングはいつでも心地よい空間にしたい。
お気に入りの家具を集めてみたもののどこか殺風景だなと感じることはありませんか。
そんな時、ラグを1枚敷くとテキスタイルの質感やあたたかさがプラスされ心地よいリビングに仕上がります。
ラグがリビングにもたらす効果をご紹介します。


ラグが心地よいリビングを作る

ラグは温かさを演出するのに優秀なアイテムです。
そして、温もりがある場所にひとは心地良さを感じます。

もしリビングに敷くラグ選びに迷ったら、まずは好きな質感のものを選んでみましょう。

例えば、毛足が長いふかふかのラグを敷いてみるとごろんと横になりたくなります。
ソファに座って本を読み、ふと床に足がついたとき足触りのよいラグならば心地よいことは想像しやすいはず。

このようにくつろいでゆったり過ごすことが多いリビングには、ずっと触れていたくなるような素材が適しています。

ふわっと柔らかな質感のもの、ふかふかした長い毛足のもの、すべすべと滑らかな質感のもの。
どの質感があなたのリビングに合うでしょうか?

冬と夏では心地よいと感じる質感が変わるので、季節によってラグを変えるのもおすすめです。

ひとりでいても、誰かといても「心地よいな」と思えるリビング作りにラグという要素は必要不可欠でしょう。

空間を仕切り、品よくまとめる

リビングには自分で思っている以上に色んな物があり、
家具の存在と相まってごちゃっとしがち。
ラグには品よく空間をまとめる効果があります。

快適なリビング作りのためにラグの効果を利用すると
リビング全体がすっきりとした印象になります。
敷く前と比べると、空間にラグの質感や色味がプラスされ温かさもあるリビングに。

またラグにはゾーニングという空間を仕切る効果があり、シーン別にメリハリが出ます。
もしリビングがキッチンやダイニングなど他のスペースとおなじ部屋にあるならば、ラグを敷くことでリビングスペースを際立たせることができ、結果として部屋全体が広く感じられるようになります。

ラグで作るゆとりあるリビングへ

リビングラグの購入を決めたもののサイズやレイアウト方法に悩み、結局買うことをやめてしまっては勿体無い。

そこでラグ選びに迷ったときの解決策をご紹介します。

広いリビングの場合、ソファの横幅より大きいサイズのラグを選びましょう。
大きめのラグを空間に敷き、ソファやラウンジチェアの前脚だけを乗せてレイアウトすると、リビングスペースとしてまとまりやゆとりが生まれます。

ゆとりある空間は心に豊かさをもたらし気持ちに余裕が生まれます。

広いリビング
推奨サイズ:Large 幅210cm〜

狭いリビング①
推奨サイズ:Medium 〜幅200cm

 

狭いリビング②
推奨サイズ:Smallサイズミニラグマット

 

もしリビングが手狭の場合は、コーヒーテーブルを中心にして、その下にMeidumサイズのラグを敷くだけでもスペースにまとまりができます。
あえてソファを置かずにSmallサイズとのラグとラウンジチェアをあわせて小さなくつろぎスペースを作るのもありでしょう。

ひとり分のくつろぎスペースがあるだけでも人は空間に癒しを感じます。

ラグはどんな広さでも心地よい癒しの空間を作り、誰もがくつろげる快適なリビングに変えてくれます。


120 個の商品

120 個の商品