リビングラグで寛ぎの場を作る

リビングラグで寛ぎの場を作る


リビングはくつろぐ場所です。
そんな快適な空間作りに、リビングラグは温もりと癒しを提供。
リビングラグを敷くことで彩り豊かな空間になり、誰もがくつろげる場所へと変わります。

温もりと癒しを演出

リビングラグは温もりと癒しを提供し、家族やゲストがくつろげる空間を作ります。

例えばフローリングの床材に、ラグを敷くことで足元に温もりが感じられ、歩く時も快適になります。
毛足が長いふわふわとした質感のラグは、思わず横になりたくなることでしょう。
さらに床に座る習慣がある人にとってラグは快適な空間を作ってくれます。

空間を仕切る、まとめる

リビングラグは空間を仕切るゾーニング効果や、まとめる効果があります。

例えばリビングがキッチンやダイニングと同じ空間にあるならば、ラグを敷くことでリビングスペースを
際立たせることができます。
またリビングの広さに合わせてラグを敷き、家具を配置すると空間に統一感が生まれます。

快適なリビング作りのために、ラグが持つ効果を最大限に発揮できると理想の場所になるでしょう。

リビングラグの選び方

リビングラグを選ぶ時の基準は、「インテリアスタイル」「部屋の大きさ」「色」が一般的だと思います。

例えばリビングのスタイルに合わせて、ラグを選ぶと統一された空間になります。
一方で白を基調とした空間に、アートのような色鮮やかなラグを敷けばお部屋のアクセントに。

部屋の大きさに合わせて選ぶと空間に統一感が生まれます。
例えば大きなラグに家具全てが乗るように配置をすると、リビングエリアを強調します。
家族やゲストが自然とくつろげる効果をもたらします。

リビングラグのレイアウト

レイアウト ①
推奨サイズ:Large 幅210cm〜

レイアウト ②
推奨サイズ:Medium 〜幅200cm

レイアウト ③
推奨サイズ:Smallサイズミニラグマット

レイアウト1.
ソファとコーヒーテーブルのセット全てが、リビングラグに全て収まるようにします。
このレイアウトは海外で日常的で、リビングエリアを強調し、
空間に一体感を持たせる点が魅力です。

レイアウト2.
コーヒーテーブルの下にしっかり収まるサイズのラグを選び、ソファ前に敷きます。
くつろぐ場所としてスペースが確立し、集まりやすい場所が出来上がります。

レイアウト3.
一人掛け用のソファや椅子の足もとに小さなラグを敷き、くつろげるスペースを作ります。
部屋の中に個別の空間を作り、アクセントエリアができます。


232 個の商品

232 個の商品