快適な作業スペース作りに<br>ラグを敷いて

快適な作業スペース作りに
ラグを敷いて

働き方に変化があり、自宅でも働けるようになってきたこの頃。
住居に「作業部屋」を作る人も増えてきています。

集中して取り組むためにとりあえず机と椅子だけ置いて…というところから始まりがちな作業部屋づくりですが、ここにもラグを敷くメリットがいくつかあります。

作業スペースが快適に

快適なワークスペース作りにはまずは雰囲気から。
集中できる空間になるよう、ラグを敷くことがおすすめ。
ラグの効果をご紹介します。

作業がしやすい快適な空間を作る

ラグは空間の雰囲気作りや気分を左右する効果があり、ファブリックの色や柄、質感で導かれるテイストによって集中力を高めるものもあります。

作業スペースが快適で仕事が捗れば、より一層前向きに取り組めるでしょう。
デスクやチェアの下に敷くことで足元が心地よくなり、快適に作業ができます。

騒音防止・床を保護

ラグは防音効果もあります。

たとえばチェアを出し入れするときに出るこすれる音。
もしかしたら階下や上へ響いているかもしれません。
ラグがあれば響く音を和らいでくれます。

意外と気づかないのが、チェアを出し入れするとき床を傷つけていること。
床をきれいに保つためにもラグがあると安心です。

ゾーニング効果を活かす

ラグは空間を仕切る効果があり艶を出します。

もしあなたの作業スペースがダイニング、リビング、キッチンがあるワンフロアにあったとしても
ラグが持つゾーニング効果を活かすことで「作業する場」として空間が生まれます。

快適に仕事ができる空間作りにラグという要素をぜひ付け足してみてはいかがでしょうか。
仕事用の部屋がない場合でも、ラグを敷くことで「作業空間」が生まれ、自然と気持ちが切り替わります。

ワークスペースのラグ選び

ワークスペースの広さによりけりですが推奨サイズはLarge やMediumサイズがおすすめ。

ワークスペース①
推奨サイズ:Large 幅210cm〜  

ワークスペース②
推奨サイズ:Medium 〜幅200cm

選ぶポイントは、デスクとチェアをカバーする大きめのラグを選ぶこと。

レイアウトするときは、チェアを後ろに引いても十分なスペースがカバーされているようにしましょう。

チェアのキャスターがラグの毛足を巻き込むことが心配であれば薄めのラグを選ぶと良いでしょう。

最初は誰もが在宅期間はすぐに終わる、と思っていたはずでもそれが当たり前になりつつある世の中。
ならば空間作りにはこだわって自宅でもとことん仕事を楽しめるようにしたいですね。


ラグを敷くことで、自宅にいても仕事が楽しくなるような快適で生産性が上がる場所を作れます。


120 個の商品

120 個の商品