オフィスxラグ - 現代のオフィス作り

オフィスxラグ - 現代のオフィス作り

今では多様な働き方がある中、オフィスの在り方は変わってきています。

会社としては社員に出社してもらう方がコミュニケーションが取りやすいと感じることはあると思います。
今求められているオフィスの空間づくりにはどんなポイントがあるのでしょうか。ラグで作る現代的なオフィスをご紹介します。


現代のオフィスの在り方

リモートワークが普及しつつある現在、社員に出社してもらえるにはどんなオフィス作りをしたらよいか悩む経営者は多いと思います。

求められているのは、在宅勤務でもつい通いたくなるようなオフィス。単なるおしゃれなオフィスではなく、スタッフ同士が協力し合い、遊び心があり、健やかに働けるような場所であること。

このような「自宅よりもオフィスで働きたい」と思えるような環境づくりが大切で、会社のオリジナリティを軸に設計したオフィス空間で社員のエンゲージメントを高めることもオフィス作りのひとつの基準になっています。

オフィス空間は、人材確保においても重要な点です。

ラグはオフィスを作るエレメントの一つとして、適度なリラックス感とアイデアに集中する環境作りとともに、会社独自のスタイルを作る上でも役立ちます。


オフィスにラグがあることのメリット

快適な空間を演出

オフィスや会社というと、グレーのカーペットに椅子と机が島のように淡々と並べてあるだけの空間で青白い蛍光灯というイメージがあります。
しかし最近は、オフィスづくりに変化があり自ら出勤したくなるような空間作りが目指されています。
というのも働く人々が活き活きと過ごせるように、業務効率化を図るための工夫がされているからです。

特にオープンスペースのオフィスでは、ラグを使って各エリアを視覚的に区分けすることができます。
これにより、仕事のエリア、休憩エリア、会議エリアなどの機能別に空間を整理することが容易になります。

各スペースに合わせてラグの色味や質感を変えると、空間にメリハリがついて快適さを演出できるようになるので、働く人の生産性にも影響が出やすいと言えるでしょう。

インスピレーションをもらう

色味があるラグを敷くことで、オフィスを洗練された空間に作り上げ、温もりある雰囲気を演出します。

よくいわれる色彩心理学と通じるものがあり、色の有無によってひとの気持ちは左右するのだとか。
人は視覚含む五感から情報を得るので、オフィスに彩りがあったり足元の感触があるとアイデアが閃くのを助けてくれるかもしれません。

気持ちの切り替え

「作業する」場にラグを敷いたなら、スタッフが「休憩」するスペースにもラグがあるとよいでしょう。
ラグというファブリックは空間に艶を出すだけでなく、優しさや親しみやすさを演出する効果があるからです。

たとえば「作業する」場が少し硬めのラグであるなら、「休憩」スペースには厚みのある踏み心地の良いものを敷いてみて。

質感が柔らかい空間に一歩踏み込むだけで、それまで緊張していた心身がほぐれていきます。
ラグでスペースを区分けし、リフレッシュできる空間を作ることで、スタッフ一人ひとりの生産性が上げるとともに、良好なコミュニケーションが促進されます。

快適な足元を保つことは、スタッフの満足度と生産性を高めることにも繋がります。

企業ブランドの印象付け

オフィスにラグを設置する最も明白なメリットは、その美観の向上です。
適切に選ばれたラグは、オフィス空間に温かみと洗練された雰囲気をもたらし、訪問者やスタッフにポジティブな印象を与えます。

また、ラグのデザインを企業のブランドカラーやロゴに合わせることで、ブランドイメージの一貫性を強化し、企業文化を体現することができます。
特にクライアントを迎えるフロントオフィスや会議室において効果が発揮されるでしょう。


ラグの選び方

ラグは空間を印象つける重要ピースです。
つまり、オフィスに敷くラグは会社の印象を左右するともいえます。
ラグを選ぶときはブランドの印象に沿うような色味・質感・テキスタイルのものがよいでしょう。

来客が少ないオフィスであっても、ブランディングという点で空間をまとめるためには一枚欲しいアイテムです。

通常オフィスには土足利用が可能な屋外対応ラグが適していますが、オフィスが靴を脱ぐ場所であれば室内ラグで工夫を。

人は視覚情報に大きく印象を左右されるので、オフィスの第一印象がわかる入口や通路はラグを敷いて素敵に仕上げると来訪者に好印象を与えることができるでしょう。通された場所がラウンジのようであればそれだけで会話が盛り上がります。

ラグで彩りある活き活きとした現代的なオフィス作りを心がけてみてはいかがでしょうか。


ラグとオフィスの関係

これからは社員が目的をもってオフィスへ出勤することが求められます。

会社の設備が良いということも会社を選ぶ理由になりますが、作業が捗るという環境の良さも求められます。

はっきり分かることは黒白の無機質な空間で作業をするよりも、植物や彩りのある空間で仕事をする方がインスピレーションや会話がうまれやすく作業効率化を目指せるということ。

ラグは空間を決める重要ピースです。
これからのオフィス作りにぴったりのラグを選んでみては。


RUGHAUSスタイリングサービス

 

RUGHAUSではラグに限らず、家具とあわせてオフィス空間の構築支援をしています。

レイアウト相談やコーディネートなども無料でサポートさせていただいております。

現代的で社員が集まりたくなるオフィス作りを心掛けたい方は、ぜひ相談してみてください。