ラグで作るペットにも快適な空間

ラグで作るペットにも快適な空間

ペットが大事な家族の一員であることに変わりはないもの。
言葉を持たないからといって彼らにも「快・不快」がわかります。
ここではペットが心地よく過ごせる空間作りのヒントをご紹介します。


動物にとってお気に入りの空間

人より床に近いところで過ごす時間が長いペット。
家の中でどんな工夫をすれば心地よく過ごせるかを考えたとき、ラグがあると心強いです。
それは単なるインテリアとしての役割だけに止まらないから。
ラグを敷くとよい4つのメリットをご紹介します。

安全性:

フローリングの床は人にとって掃除がしやすく快適ですが、つるつるとした表面は爪を持つ彼らにとって滑りやすく、歩きにくい原因を作ります。
たとえば肉球回りの毛が伸びていたり、肉球が乾いていたりしているときは、フローリングは歩きにくいことこの上ありません。

動物にとって理想の床とは滑りにくく弾力のある床。
ラグを敷くことで、足腰や負担にかかる負荷を軽減することができます。

特に成長過程の動物の赤ちゃんや、
歩くことがままならないシニアにとって、ラグがあるふかふかの床を歩くことは安全性の確保にもつながります。

居心地よい空間:

例えば、気に入りの場所にラグを敷いてあげると、ラグが持つゾーニング効果が発揮され彼ら専用の空間が成り立ちます。
ペットが次第に家の中に自分の「居場所」があることを認識でき、うれしく居心地よく過ごせます。
テキスタイルの柔らかい質感のある床でごろんと寝転ぶときに感じるラグの心地よさは、人間も動物も共通するものがあるはずです。

音の吸収:

動物が走り回ったり、歩いたりする音は些細な音でも意外と階下や近隣に響きます。また動物の習性による爪研ぎや床を掘る音が長時間だと騒音につながることも。
昼間は飼い主さんが目を向けることができますが、夜行性動物の場合は人知れず周りに迷惑をかけている可能性はなきにしもあらず。

このような場合、活発に動き回る場所にラグがあると足音や音の一部が吸収され、家の中の騒音が軽減されます。

床を保護:

動物と一緒に生きる中で、家族として迎え入れる前と比べて想像以上に大変だと実感する瞬間があるとおもいます。

例えば、犬がいる場合。
気づけば爪による傷がたくさん床にあり家が持ち家でなかったらひやっとすることでしょう。

ラグがあると、床をきれいに保ち、床材のワックスのはがれも最小限に抑えることができます。

動物と人がお互い快適に過ごせる空間

ここまで動物たちが家で快適に過ごすためにはラグがあるといいことをお伝えしました。

お部屋のスタイルやデザインに合わせることも必要ですが、何より洗濯機で洗えるものや防汚性があるものを選ぶとよいでしょう。何かと汚れやすくなるので頻繁にお手入れできるラグだと安心です。

また、ペットが頻繁に歩く場所に敷くならば滑り止め効果のあるラグパッドもあわせて選ぶと、ラグのズレやヨレを気にせず人も心地よく過ごせます。

季節によって抜け毛が多いこともあるので、そんなときはラグの繊維とペットの毛が絡みにくい毛足が短い薄手のラグがおすすめです。

89 個の商品

89 個の商品