office-rug-top

ラグがオフィスの印象を決める

オフィスの在り方に変化があるここ数年。

働く側が働く環境を選べる時代だからこそ、自発的に「家よりもオフィスに行って仕事がしたい」と思える空間づくりの必要性はより一層高まっています。
また、彩り豊かで心地よい空間は、クリエイティビティを加速させるために重要な要素です。

現代のオフィスに求められるもの

リモートワークが普及しつつある現在、社員に出社してもらえるにはどんなオフィス作りをしたらよいか悩む経営者は多いと思います。

求められているのは、在宅勤務でもつい通いたくなるようなオフィス。単なるおしゃれなオフィスではなく、スタッフ同士が協力し合い、遊び心があり、健やかに働けるような場所であること。

このような「自宅よりもオフィスで働きたい」と思えるような環境づくりが大切で、会社のオリジナリティを軸に設計したオフィス空間で社員のエンゲージメントを高めることもオフィス作りのひとつの基準になっています。オフィス空間は、人材確保においても重要な点です。

ラグはオフィスを作るエレメントの一つとして、適度なリラックス感とアイデアに集中する環境作りとともに、会社独自のスタイルを作る上で役立ちます。

通いたくなるオフィス作りにはラグがある

オフィスにラグを敷くことで、会社のメンバーのモチベーションを上げたり、来客に好印象を与えることができます。
ラグを敷くことの効果をご紹介します。

仕事が捗りやすい環境

一昔前はオフィスというと単純に椅子とデスクが並べられ青白い蛍光灯が光っているような無機質な空間という印象がありました。実用的な空間だけど色味がなく無機質。

もっと現代的で生き生きとしたオフィスを作るために、彩りと質感のあるラグが役立ちます。

オフィス空間のデザイン次第で、生産性にも良い影響が出ます。

アイデアが湧きやすい

アイデアを考えているとき、目に映るものから無意識に影響を受けています。

ふとした瞬間に彩り豊かな環境からアイデアが湧き、
型にはまった思考からの脱却をたすけてくれるかもしれません。

ブランドカラーなどがある場合は、その色味を取り入れることも効果的です。

気持ちの切り替えに効果的

「作業する」場にラグを敷いたなら、スタッフが「休憩」するスペースにもラグがあるとよいでしょう。
ラグというファブリックは空間に艶を出すだけでなく優しさや親しみやすさを演出する効果があるからです。

空間に質感が柔らかいラグが一枚あると、それまで緊張していた心身がほぐれていきます。

リフレッシュできる空間を作ることで、スタッフ一人ひとりの生産性が上げるとともに、良好なコミュニケーションが促進されます。

オフィスラグの選び方

オフィスに敷くラグは会社の印象を左右させるもの。
ブランドの印象に沿うような色味・質感・テキスタイルのものがよいでしょう。
来客が少ないオフィスであっても、インナーブランディングの点で統一感を醸成する価値があります


通常オフィスには土足利用が可能な屋外対応ラグが適していますが、あえて靴を脱いでくつろぐラウンジスペースをつくるのであれば、室内用のラグも使えますね。

ラグを使いこなして、生き生きとした現代的なオフィス作りを心がけてみてはいかがでしょうか?


201 個の商品

201 個の商品