ラグのスタイルガイド

ラグのスタイルガイド

ラグにはさまざまなスタイルがあり、質感やデザインによって空間の雰囲気をコントロールできます。

今回は代表的なラグのスタイル5つをご紹介します。
どんな人に向いているかも合わせてご紹介するので空間作りの参考にしてみてください

シャギーラグ

シャギーラグとは毛足が長いラグのことです。
「Shaggy」にはもこもこという意味が込められ、ふわふわの質感を楽しめます。
お部屋に最適な長さ、自分好みの長さのシャギーラグを選びましょう。

RUGHAUSで扱っているものはトルコやインド産のものが多く、幾何学模様のデザインや民族っぽい特徴が
組み合わさった独特の魅力があります。
土着文化が持つエネルギーと異国情緒を漂わせ、ラグの存在感が空間の魅力を引き上げてくれます。
「幾何学模様」「植物模様」「文字模様」が一般的で、きらびやかな印象を与えます。

<向いている人>
・温かみのある空間にしたい
・部屋の雰囲気を変えたい
・民族調がすき
・華やかな雰囲気にしたい
・東洋的な異国の文化が好き

様々なテイストの家具と相性がよく、取り入れやすいので、ラグを初めて購入する場合でもハードルが低いアイテムです。


シンプルモダンラグ

装飾を抑え、現代的な雰囲気のお部屋作りを目指すならシンプルモダンなラグを。
繊細で規則的なパターンとカラーの融合で洗練された雰囲気が漂います。
空間に華やかさをプラスしつつも、馴染みやすいのが特徴です。
「何かが物足りない」「無機質」な空間に一間敷くだけで、シンプルな部屋の雰囲気を保ったまま、デザイン性を引き上げてくれます。

<向いているひと>
・モノトーンが好き
・シンプルな暮らしに憧れるけどアクセントもほしい
・アーバンライフに憧れている


アートラグ

印象的な模様とカラーのバランスが取れた、アートラグ。
まるで抽象画のようなアートラグは空間に個性をもたらし、あらゆる空間を現代的なデザインにアップデートしてくれます。

 <向いている人>
・アートが好き
・空間作りに強いこだわりがある
・個性的な空間にしたい


ナチュラルラグ

地中海の多文化と自然美を彷彿させる、ナチュラルラグ。
落ち着いたトーンと素材の質感で、スタイリッシュな印象をもたせます。
自然な色味やアースカラーが多いナチュラルラグは部屋の印象を温もりある雰囲気に変えてくれます。
観葉植物やグリーンを置けばリラックスした空間が出来上がります。

 <向いている人>
・自然が好き
・温かみのある部屋が好き
・シンプルでもアースカラーを取り入れたい


トライバルラグ

民族や部族を表すトライバル(tribal)ラグ。少数民族や遊牧民が織られる絨毯を指し、部族や種族ごとにデザインが異なります。
直線で抽象的な柄が多く、ものによっては家紋や地位を表す模様が入っていてオリジナリティ溢れるラグばかりです。

<向いている人>
・部屋の雰囲気をがらっと変えたい
・クールでかっこいい雰囲気が好き

ラグの代表的な6つのスタイルをご紹介しました。
ラグは空間を彩るものという役割があるだけでなく、部屋を飾るアート作品としても楽しむことができます。

スタイル別にご紹介しましたが、いろいろなスタイルをミックスすることもまた一つの楽しみ方です。
デザインやサイズに富み、モバイル性もあるラグは彩りある空間をつくるツール。
家の中が明るくなれば過ごす時間も晴れやかになるでしょう。