ダイニングにラグを加えて、毎日の食事をもっと楽しく

ダイニングにラグを加えて、毎日の食事をもっと楽しく

素敵なダイニングテーブルと、ダイニングチェアが見つかったら、次に考えたいのがその下に敷くラグです。ラグを合わせることで、一層ムードがプラスされ、ダイニング空間の完成度がアップするのです。お気に入りのラグで、毎日の食事をもっと楽しく豊かなものにしませんか?




ダイニングにラグを敷く、機能的メリット

ダイニングにラグを敷く、機能的メリット

インテリアの完成度をあげるアイテムとしても重要なラグですが、特にダイニングに敷く場合、椅子を出し入れする摩擦や食べこぼしから床を守るという機能的なメリットもあります。今回の記事では、ダイニングに敷くラグを選ぶときに気をつけたいポイントと、おすすめのラグをご紹介します。




ダイニングラグを選ぶポイント①大きさ

ダイニングラグを選ぶポイント①大きさ

食材や摩擦から床を守るという目的から考えると、やはりダイニングテーブルよりやや大きめのサイズが必要になります。また、ダイニングチェアの置く範囲までカバーできると、椅子の出し入れによる騒音や床へのダメージを防止する効果も期待できます。その場合、段差でがたつかないように、椅子をひくスペースも確保することがポイントです。 




ダイニングラグを選ぶポイント②汚れ対策

ダイニングラグを選ぶポイント②汚れ対策

ダイニングにラグを敷く場合、食べこぼしなどが多くなってしまうのは、どうしても避けられません。万が一に備え、毛足が短く防汚性のあるものや洗えるものを選んでおくと、お手入れが簡単です。そうでない場合は、模様が複雑なものや色が濃いものを選べば、汚れが目立ちにくいでしょう。




ダイニングラグを選ぶポイント③色

ダイニングラグを選ぶポイント③色

食事のたびに目に入ることになる、ダイニングラグ。そのためどんな色を選ぶかが、毎日の食事の雰囲気を大きく左右します。基本的には、食欲を増進させるオレンジ・赤・黄などの暖色系の色は誰にとってもおすすめの色になります。一方、青・紫などの寒色系の色、黒やグレーなどの無彩色は一般的に食欲を減退させると言われますが、高級感や落ち着きを演出したい場合には適切な選択肢になるでしょう。




ダイニングにおすすめのラグ5選

さまざまなスタイル、素材、色。バリエーション豊かなRUGHAUSのラグセレクションからダイニングにおすすめのラグをピックアップしてご紹介します。

Alex / 160 x 220

Reagan / 150 × 230

¥34,000[税込]
中東の土着文化が持つエネルギーと異国情緒を漂わす、オリエンタルラグ。際立つ存在感が空間の魅力を引き上げてくれます。

Lonza / 160 × 220

Lonza / 160 × 220

¥34,000[税込]
地中海の多文化と自然美を彷彿させる、ナチュラルラグ。落ち着いたトーンと素材の質感で、スタイリッシュな印象に。

Lane / 160 × 230

Lane / 160 × 230

¥29,500[税込]
中東の土着文化が持つエネルギーと異国情緒を漂わす、オリエンタルラグ。際立つ存在感が空間の魅力を引き上げてくれます。

Paige / 160 × 235

Paige / 160 × 235

¥39,000[税込]
繊細で規則的なパターンとカラーの融合で上品な雰囲気が漂う、シンプルモダンラグ。空間に華やかさをプラスしつつも、馴染みやすいのが特徴です。

Debby / 185 × 275

Debby / 185 × 275

¥39,000[税込]
中東の土着文化が持つエネルギーと異国情緒を漂わす、オリエンタルラグ。際立つ存在感が空間の魅力を引き上げてくれます。