ベッドサイドにラグを敷いておしゃれに

ベッドサイドにラグを敷いておしゃれに

寝室はリラックスする場所にしたいので、なるべくくつろげる場所にしたいところです。
寝室にラグを敷くのはもったいないという方は、ベッドサイドに小さめのラグを敷くのがおすすめ。
細長いランナーラグや小さなラグは、配置のイメージがしやすいので暮らしに取り入れやすいです。
ベッドサイドにラグを敷いておしゃれで機能的な寝室を作りましょう。


ベッドサイドをおしゃれにするアイデア

寝室をおしゃれにしたい人は多いはずですが、いきなり全てを模様替えすることは大変だと思います。
しかしベッドサイド周辺をアレンジするのは比較的やりやすいと思いませんか。
ベッドサイド周りのインテリアや雰囲気作りをこだわると、質の高い睡眠を取れるようになるでしょう。
いくつかアイデアをご紹介します。

空間全体の色を統一する

ベッドサイドに物を置く場合、寝室の色やテイストに合わせて物を配置しましょう。
デザインやカラーを統一することでスッキリとした印象を見せることができます。
さらに物の素材にもこだわると良いでしょう。
例えばベッドがチークのベッドであれば、チークの色やテイストに近いサイドテーブルを置くというように。
素材まで統一すると、洗練された空間になります。

物は少なめに

ベッド周りは物を少なくすると、良い睡眠へつながります。
おしゃれで良いと思ったサイドテーブルに物を多く置き過ぎるとリラックスできません。
また、例えばワンルームなどでリビング空間とひと続きになっていると、空間の境目がなくなってしまいます。
ラグを敷いたり、パーテーションを置くなどして、レイアウトの仕切りを作ってあげるとスッキリした眠りのための空間が仕上がります。

インテリアでおしゃれにする

ベッドサイドに置くインテリアにこだわりを持ってみて。
例えば、ヴィンテージやアンティークのナイトスタンドを選べば、部屋に落ち着いたスタイルが生まれます。
シンプルなウォールアートを掛けてみれば、ホテルライクな寝室を作れるでしょう。


ベッドサイドにラグを敷く

ベッドサイドにラグがあると、空間に彩りを添えてくれるだけでなく、寝覚めのよさを左右します。
目が覚めてすぐラグの温もりに触れることで、快適な目覚めが促され、心地良い1日のスタートができるはず。

ベッドサイドにラグを敷くことは空間全体に敷くよりも手軽で、取り入れやすいです。
おすすめのサイズはRunnerSmall サイズ。この手軽さはラグ初心者にも適しています。

ラグを一つ加えるだけで寝室の印象が劇的に変わります。色、柄、素材選びが自分のセンスを反映させる楽しみになりますね。
おしゃれで快適な寝室を作るために、自分の好みやライフスタイルに合ったラグを選びましょう。


ベッド周りをおしゃれに

ラグは単純にインテリアの一部ではなく、心地よい生活空間を作り出すための重要な要素です。
寝室をおしゃれにするなら手始めに、ベッドサイドから始めてみてはいかがでしょうか。

ベッドサイドにお気に入りのナイトテーブルやライトを置いてみれば、ドラマに出てくるようなおしゃれな空間を
作り出すことができるでしょう。

ラグの柔らかな触り心地は、寝室でのリラックスタイムをより豊かなものにし、心身のリフレッシュにも繋がります。
ラグの色やパターン、素材を選ぶ面白さも魅力で、あなたらしい空間を作ってみては。

寝室にラグを敷くレイアウト方法はこちらから